2017 / 11
≪ 2017 / 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 / 12 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ハロウィン期間中につき、プレゼントしています。
もちろん、あの言葉を唱えないともらえませんよ🎃👻

🎃本日のあの言葉🎃

1:トリックオアトリート(๑˃̵ᴗ˂̵)!
2:(あの言葉が思い出せず頭を抱えて唸りだす)
3:お菓子をくれなきゃ目玉をほじくるぞ(=゚ω゚)ノ



ご近所の金木犀の香りで気がつきましたが、前回の記事から2ヶ月経ってしまい、いつの間にか秋に突入です。
秋といえば、文化祭や合唱祭などの学校イベントシーズンですね。
夏休みあたりから合唱祭のピアノ伴奏に挑戦すべく、楽譜を持ってくる生徒さんが増えました。
以前ココに通っていた生徒さんも、リピーターとして訪ねてきてくれています。
さすがに中学生・高校生レベルとなると、伴奏レベルが高い楽曲ばかりでビックリです(汗)。
全体像もですが、決めるところや必要な音などの重要ポイントを探して気をつけるという「神経の使い方」の勉強の機会になります。
本番にむけて、がんばりましょう!!

そして、保育士・幼稚園教諭をめざす生徒さんたちもピアノ奏法と音楽理論をたくさん吸収しています。
私たち世代(40歳代)が小さいころ親しんだ童謡・唱歌が、今ではほとんど姿を見せなくなったため、昔からのスタンダードな童謡・唱歌を知るところから始まることが多々あります。
これは和楽器:箏で通っている生徒さんが使用する楽譜(童謡・唱歌編)でも同じことが。
童謡・唱歌の伝わり方がこういった形になってくるのだろうなぁ、と一抹の寂しさを感じながら、まだまだ現役で演奏できる楽曲として弾いてもらえるとうれしいですね。



教室生徒 随時募集中
常時ご相談を承っておりますので、お気軽にお声掛けください。
レッスン受付時間はコチラをご覧ください

一昨年の「よくある質問」はコチラから
↑昨年の「よくある質問」は作成していません。今年はそろそろ作ります、はい・・・

お問い合わせメールフォームはコチラをご利用ください



新年度が始まり、あっという間に5月下旬に突入してました、時が過ぎるのが速いです。
個人的には役員活動のひとつが無事に完了し、そして新たな役員活動がスタートしました。
そんな活動を続けてきた中で、交通関係で功労者ということで感謝状を頂きました、ありがたいです。

最近の教室活動です。
小学2年生女の子さんが、おウチで見ていた映画で流れたピアノ曲が気になり、音楽ノートに書き留めて持ってきてくれました。



また、他の小学2年生女の子さんが、レッスン曲に歌詞を付けてくれました。
弾きながら歌って、とても楽しかったです。



こんな感じでレッスンを進めています当教室です、お問い合わせは随時受け付けております。


春休みに入りましたので、当教室も3月末の1週間は基本的に春休みです。
新年度の道具の準備とか、ママはいろいろ細かい作業が多く集中する時なので大変なんです。
我が家も他人事ではありません、娘らの新年度準備を急がねば…。



先日、小学校の卒業式に役員のため出席してきました。
廊下の掲示板で、昨年の春に行った6年生向けの箏の授業風景が。



この時に授業を聞いてくれた6年生の立派な卒業式に立ち会えてよかったです。



そしてこちらも地域の役員で、お花見の提灯付けに行ってきました。
まだ1輪2輪でしたが小さな薄ピンク色がちらほら。
入学式の頃は満開でしょうかね?



5月演奏会の会議のあと、いつも立ち寄るエールクリエイティブさんの異業種交流会へ。
意外な出会いにテンション上がりました、魔動力の導きに感謝♡。



🌸春期スタート生募集(準備中)🌸
4月中頃から春期スタート生募集を行います、情報はブログ・Twitter・facebookページにてでお知らせします。








このブログでは、教室内でのことにあまり触れる記事は残していません。
今回は珍しく書いてみようかと思います。



先週のレッスン(小1女子)のひとコマです。
レッスン曲の続きを、作ってきてくれました。
意図的に作った、というより、自然と出てきてしまったようです。
早速採譜して、伴奏付けもして、完成させました。



先日の箏イベントでも少し話題になったのですが、趣味程度であれば楽譜作成や楽曲分析をする上で必要最低限の知識はこの2冊で間に合います、謂わば入口のような感じです。
当教室でのレッスン内で、例えばバイエルであっても楽典知識であったり理論が要る時は、レッスン曲を基にして説明するようにしています。
身構えるような難しいことは全くありませんので安心してくださいね、ちょっとしたルールみたいなモノです。

年相応の進み具合でレッスン曲が進むとは限りません、生徒さんひとりひとりの個性に合わせて教材を探す事も度々あります。
教材探しは私も楽しみの一つで、地元の楽器店だけでなく遠方の大規模楽器店に行く事もあり、今までもたくさん音楽の世界を広げてくれました。
また近々、探しに行く予定です。






齋藤ひろみ

Author:齋藤ひろみ
群馬県太田市宝泉地域で「ピアノを中心とした音楽教室」を運営してます。
初心者・復活したい方、大歓迎!!
≪齋藤音楽教室案内≫
お問い合わせメールフォーム


詳細プロフィールはコチラ

開室:1999年7月
現在対応地域:〔県内〕新田木崎・宝泉・中央・薮塚〔県外〕横浜


10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。