2017 / 06
≪ 2017 / 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 / 07 ≫

 昨日、市内のお茶室にて初釜のお茶席に出席しました。
 お茶の道には無縁でいたため、ご一緒させて頂いた皆様に細かくご指導いただきながら、ゆったりとした時間を楽しむ事に。
 炭を入れる場面、お部屋の飾りを観る場面、お懐石での動き、お濃茶・お薄茶の作法・・・。
 一歩の足裁きから道具の扱いの1つ1つの作法に全て意味があるのだな・・・と、普段接する事のない世界に新たな何かを感じ、いかに日常を慌しく過ごしているのかよく分りました。
 「本来日本人とは、こういった時間の過ごし方が似合うのかもしれない」と、気がつけば日暮れ時になっている外を観て思いました。
 
 お懐石に入る前に、唱歌メドレー(「楽しいソロ編曲集(編曲:松元宏樹)」より抜粋)を箏演奏させていただきました。

 おもてなしを想う事・行う事・1つ1つに想いを込めて丁寧に取り組む事・おもてなしを受け取る気持ちを素直に表す事、1つの空間と時間を共に過ごすという大事さに触れる事ができました。
 これからの自分に活かせる様にしていきたいです。
 
スポンサーサイト


この記事へコメントする















齋藤ひろみ

Author:齋藤ひろみ
群馬県太田市宝泉地域で「ピアノを中心とした音楽教室」を運営してます。
初心者・復活したい方、大歓迎!!
≪齋藤音楽教室案内≫
お問い合わせメールフォーム


詳細プロフィールはコチラ

開室:1999年7月
現在対応地域:〔県内〕新田木崎・宝泉・中央・薮塚〔県外〕横浜


05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -