2017 / 07
≪ 2017 / 06   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2017 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1:家のピアノに楽譜を置きっぱなし!持ってくるの忘れました!

毎日自宅練習していたのでしょう、よく頑張りましたね。
教室では同じ楽譜がありますので、それでレッスンを行います。
楽譜がない場合、同じレベルの楽曲を使用したり、ソルフェージュのみ重点的に行うこともあります。


2:家で十分に練習せずに教室に来てしまいます。大丈夫でしょうか?

生徒さんの習い事事情により、自宅練習が難しいことがあるのは、こちらも承知しています。
出来る限り自宅のピアノを弾いて欲しいところではありますが、難しい場合は教室でのレッスンをきちんと受けてください。
自宅練習を重ねる方が上達が早いですが、教室レッスンでも上達しますので、焦らずにピアノを弾いてください。


3:集中力が持つか心配です。

年齢によって、もしくは個人的にも集中力持続は差があります、状況を見ながら加減していますのでご安心ください。


4:箏に興味あります。古典曲など難しい曲も弾きますか?

導入の基礎では講師登録団体推奨の教本を使いますが、その後は唱歌童謡などの親しみやすい曲も取り入れてお稽古します。
生徒さんで弾いてみたい曲がありましたら、遠慮なくご相談ください。


5:発表会・演奏会に参加しなければいけませんか?

当教室では発表会・演奏会を行なっていません。
学校行事のピアノ伴奏など外部イベントで演奏を希望する場合、対応しますのでご相談ください。


6:子供の付き添いはいつまで出来ますか?

「教室で先生と一緒にいて大丈夫」とお子さんが自信を持つまで、親御さんの付き添いは可能です。
平均的にレッスン開始して3回目あたりで「大丈夫」と思えるようです。
こちらからも気になることなどありましたら、親御さんにご連絡いたします。


7:レッスン曲が難しく、進み具合が気になります。

進み具合にもよりますが、レッスン困難に陥りそうな場合は、使用教本の途中で違う教本に差し替える事があります。
むやみに難しい事を続けても、習得できなければただの苦痛です。
そういった事を起こさないように、出来る限りの注意を心がけています。


8:楽器の購入時期はいつ頃ですか?

ピアノはレッスン開始から3ヶ月、箏はお稽古開始から半年程度をお勧めしています。


9:急な体調不良でお休みしたいです。

レッスン時間ギリギリで構いません、連絡可能であれば講師へご一報ください。
なお、代替レッスン希望であれば申し出てください。


10:夕方枠(16:00~20:00)以外のレッスン・お稽古は可能でしょうか?

 10:00・11:00・13:00・14:00スタート(レッスン・お稽古時間45分程度:月3回)の枠であれば可能であります。
 月始めにスケジュールを確認しながら行いますので、大学生・社会人の方に向いています。
 随時受け入れておりますので、下記メールフォームからお問い合わせください。



2013年の「よくある質問」はコチラから

2014年の「よくある質問」はコチラから

《レッスン可能時間はコチラから》

《お問い合わせメールフォームはコチラから》









スポンサーサイト

昨年の「よくある質問」はコチラから


1 レッスンバッグを一式忘れてしまいました!(楽譜もしくはレッスンに必要な道具を忘れてしまった)。

 教室には楽譜のストックがありますので、レッスン中の楽譜があれば貸し出しをします。
 レッスン中の楽譜が無い場合、難易度に合わせた楽譜を用意しますので、ご安心ください。
 筆記用具(鉛筆・色鉛筆など)の貸し出しも行っています。
 

2 連続で兄弟のレッスンをさせたいのですが、待ち時間中に学校の宿題などをさせて良いでしょうか?

 ご兄弟のレッスンがスムーズに行うことができるのであれば、宿題などを持参して大丈夫です。
 尚、宿題などの手伝いは一切行いませんので、個人的にがんばらせてください。


3 性格的に「動きが激しい」と指摘されています。集中してレッスンを受けられるか心配です。(トイレに行きたがる・教室の物で遊びだす、など)

 はじめての場所(教室)で落ち着かないのは、大人でもあることです。
 教室の空間に慣れてくると落ち着いてきますので、それまでゆっくり見守ってください。
 ただし、怪我などにつながると予測される危険行為がある場合、生活的指導を行います、これに関しては親御さんにご連絡しますのでその後のフォローをお願いします。


4 楽器は購入したほうが良いでしょうか?

 ご自宅に楽器があると愛着も増しますし、がんばろう!という気持ちも維持しやすいです。
 ピアノであれば、はじめてから3ヶ月程度でご用意していただくことをオススメしています。
 和楽器:筝は、半年~1年を目安にご用意いただくことをオススメしています。


5 以前習っていてブランクがあります。弾きたい曲がありますが、指がうまく動きません。どうにかなりますか?

 「弾きたい曲がある」という目標があるのは、ステキなことですね。
 ブランクの度合いと曲の難易度によりますが、弾きたい曲を弾くためのリハビリを行う場合があります。
 こちらでリハビリに合う練習曲集を見繕います、少しお時間かかりますが、弾けるようになるまでがんばりましょう。


6 人前で何かするのは苦手です。発表会はありますか?(もしくは、発表会に順ずるイベントに参加させられるのか?)

 当教室では発表会は行っておりません。
 過去に「おさらい会」を2度行っておりますが、任意参加でした。
 また、外部イベント等ありますが、こちらも任意参加としています。




昨年の「よくある質問」はコチラから

《レッスン可能時間はコチラから》

《お問い合わせメールフォームはコチラから》

1:子供がピアノに興味を持っている・習わせたいが、小学生になってからでは遅いですか?

 「生活で楽しむ」「学校で活かしたい」という目的であれば、小学校6年生までにスタートして十分間に合います。
 

2:子供が年少児です。習わせたいと考えています。
 
 早期教育の重要性はありますが、年少児のお子様の手が小さいなど、ピアノを弾くには物理的な不可が掛かりやすい時期です。
 「ピアノを弾くための準備」が必要となりますので、音符の指導、リズム、歌などのソルフェージュとリトミックを取り入れての指導となります。


3:高校生です。ピアノ経験はありません。将来、ピアノを使う仕事をしたいと考えています。弾けるようになりますか?

 高校生以上の未経験者の場合、指の動きが思うよういくまで時間がかかります。
 そのため「将来の夢」に向けての「必ずやり遂げる!」という「強い意志」が必要です。
 難しいことが出てきても「強い意志」の基、こちらで出来る範囲のサポートをいたします。
 今まで、このやり方で「ピアノを必要とする職業」に無事就職出来た生徒さんがいます。
 一緒にがんばりましょう。


4:ピアノの購入が難しいです。どうしたらよいでしょうか?

 住宅事情などがありますので、当教室では「電子ピアノ」も可能にしています。
 価格は楽器店や量販店を参考にしてください。
 ピアノなどの芸事は、教室のレッスンのみでは追いつきません。
 ご自宅で楽器を用意されることで、弾くことへの技術的にも精神的にも維持できます。
 遅くとも、レッスン開始から3ヶ月までには、ご自宅でピアノをご用意ください。
 ご購入の際のご相談も受け付けております。


5:子供が引っ込み思案です。教室に馴染めるでしょうか?

 当教室では「完全個別対応」としていますので、他の生徒さんとの接触は極力ありません。
 お子さんが教室に馴染むまで、親御さんが付き添ってください。
 「ここは安心できる空間」と思っていただけるとくつろぎ始めますので、そうなったらお子さんひとりでレッスンに望みましょう。
 最近のお子さんを取り巻く事情は思っているより複雑です。
 何か心配事がありましたら、ご一報ください。
 メンタルヘルス系検定合格を持っています。


6:…オタクです。それでもいいですか?
 
 私も学生時代からのオタクですw。
 ハマっている作品の曲が弾けるようになったら、ステキですね。
 ただし、教室内でのオタトークは適度にたのしみましょうね。


7:最近ピアノを弾いていませんが、学校行事でピアノ伴奏に挑戦したいです。そのためだけのレッスンは可能ですか?

 「伴奏を弾きたい!挑戦したい!」という意気込み、すばらしいです。
 弾けるように、一緒にがんばりましょう。
 伴奏者選出の決定権は学校にありますが、目指してがんばった努力は心の財産になります。
 短期レッスンも大歓迎しています。


8:子供が家で練習しません。先生に迷惑かけていないか心配です。

 よくある事です、あまりお気になさらないでください。
 子供は「好きなこと・楽しいこと」には時間を忘れてハマるものですので、そうなるように親御さんからの誘導も必要な場合があります。
 「○○ちゃんがピアノ弾いてくれると、ママはうれしいな」「すごいね!上手に弾けたね!」などの「褒める声かけ」をお願いします。
 私への迷惑はほとんどありません、それが仕事です。


9:ピアノを弾く様子はありませんが、教室には通いたいようです…。

 気分によって「弾きたくない」時は、大人にだってあります。
 「教室」という空間に、何か安心できる要素があるのでしょう。
 状況にもよりますが、じっくりと生徒さんの話を聞くことも出来ます。
 「弾きたいとき」が来るのを、あせらずに見守りましょう。


10:発表会などの行事が苦手です。

 当教室では「大々的な発表会」は行っておりません。
 不定期ではありますが「小さなおさらい会」を行うときがありますが、希望者のみとしています。
 過去に行った様子では、ピアノが置いてあるレストランでライブ形式で気楽に行ったこともあります。
 

11:急な天候激変!!どうしよう?!

 まずは落ち着きましょう。
 これからレッスンの場合、こちらまでご連絡ください。
 お迎えの場合、天候が落ち着くまで生徒さんをお預かりします。
 急な天候激変は短時間で過ぎますので、安全を確認してから動きましょう。
 事前に悪天候が予想される際は、こちらからお休みなどの連絡を差し上げます。


12:レッスンを長期間休んでしまいました。教室に行きづらいです・・・。

 それぞれの事情がありますので、お気になさらないでください。
 弾きたくなったら、ご連絡ください。
 

13:この記事は更新しますか?
 
 事例が増えた場合、項目を増やします。


《レッスン可能時間はコチラから》

《お問い合わせメールフォームはコチラから》



齋藤ひろみ

Author:齋藤ひろみ
群馬県太田市宝泉地域で「ピアノを中心とした音楽教室」を運営してます。
初心者・復活したい方、大歓迎!!
≪齋藤音楽教室案内≫
お問い合わせメールフォーム


詳細プロフィールはコチラ

開室:1999年7月
現在対応地域:〔県内〕新田木崎・宝泉・中央・薮塚〔県外〕横浜


06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。